staten'H'

staten.exblog.jp ブログトップ

故障者リスト入り

今週はエントリーでしくじったり、実は土曜日の休日出勤を振り切ったり、
ご迷惑をあちこちにお掛けしての参戦でした。
当然前日の残業のおかげで寝不足のまま。

朝の練習では何度か足が攣りそうになって、あぁ、仕事を振り切ってきた祟りじゃ。
仕事をしている人たちの念が私の足に・・なんてひねくれた事を考えていた。。


この日は1R10秒ルール適用の思いっきり右場外をやっても案外慌てず崩れることなく4キャッチ23p
まずまず、可もなく不可もなく普通に午前中が終わった後の午後のオープンの2R。
スタンが3投目をキャッチした後ディスクを置いて帰ってきた。
「ディスク、ディスク!」と拾いに行かせようとしたら、左後ろ足を上げている。
慌ててコートに入ったら、スタンの「SOS」、抱きついてきました。
捻挫か?!と足首、膝を触っても足を持ち上げても痛がらない。骨ではなさそう、と一安心。

あれこれ触りまくって、太ももの内側を押さえたら足を上げる。
新たに・・いやな予感。。
病院で痛み止めを貰いたいので、キャンセル手続き後、早退しました。
キャンセルを本部に伝えに行ったとき、たまたま居た2007グラチャン、
キャンセルはキャンセル、という本部に
「競技中の事故はちがうんでしょ」と言ってくれて丸損しなくて済みました。ありがとうございます!
知らなかったわ〜〜。

そして病院では・・・。打身かも、捻ったのかも、と一般的な診断を先生は言っていましたが、
これはおそらくウィペットがあちこちで発症している「薄筋断裂」(薄筋は人間にもあります。)
特定の犬種に多い症例なので、そんな診断ができる病院も少ないでしょう。
手当ての方法もないので、まぁしかたがない、自然治癒です。

と、思っていたけれど、今日になってやっぱりセカンドオピニオン。
内出血の状態も見せられるし、結果はだいぶ変わるんじゃないかと思って
整形外科のある、S並〜ズ・ジャスミン家御用達の動物病院に行ってみた。
あれこれ診てもらって
「う〜ん、骨や関節はまったく問題ないし、痛み止めを飲んでいるにしても
痛みも無いようだし・・・、断裂というよりは筋肉痛のひどいもの?」
・・・・拍子抜けでありました。
「せっかくですから、赤外線レーザー治療していきますか」
・・・・ありがとうございます。もちろん有料。

それほど大きな筋肉ではないし、内出血の量も少ないので、
大きな損傷じゃない気がするけれど、誰にも診断できないんだよね〜。
とりあえず、今週一週間は安静。
その後は様子を見てお散歩&リハビリです。

ついに故障者リスト入りスタン選手。
今シーズンは大きな怪我をしないで来てくれたけれど、
やっぱり無傷では済みませんでした。
用心して少しお休みします。早く治しましょうね。
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございます!

つくばあれこれ、(がんばったテノン君)は後日アップ!です。
[PR]
by staten | 2009-06-08 21:47 | 健康管理
line

ウィペット スタンとテノンそして紅一点アーシュの日記


by statenH
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30