staten'H'

staten.exblog.jp ブログトップ

2008年 06月 06日 ( 1 )

粗忽者

会社帰り、同じビルの1階にある本屋さんで
急いで文庫を2冊買って帰りった。
(急ぐ理由はないけど、なんとなく帰りはいつも急いでいるな、私。)
大抵いつも通勤用と家で読む用、2冊読んでいる。

といっても読むのは決して早いわけじゃないし、
通勤用といっても、地下鉄に乗っているのはわずか10分、
家で読むのも就寝前にほんの少し、寝つきがいいのですぐ寝ちゃうし。
なので、読み終わるまでには結構時間がかかるのだ。

なんとなく家で読むのは翻訳モノが多いのは、
カタカナの名前が憶えづらくて、めくり返しては読むから。。
その翻訳モノをうきうきとベッドで読み始めたら、
1pですぐに「???あれ??」
・・・・読んだな、前に。うーーむ。

実はこの本屋さんではつい1ヶ月ほど前、
上下巻揃って買ったつもりが
なんと下巻を2冊買う、というアホなことをやって
丁重にお願いして交換していただいたばかり。
まぁ、下巻2冊はお願いしやすかったけれど、
「以前に読んだものでした」っていうのはどうだろう・・・。

図々しい神経も使うところと使わないところ人によって違うだろうけれど
結構悩んで翌日の朝。
時間が経っていないし、こんな厚い文庫を一晩で読めるのは
速読の達人ぐらいだと言い聞かせて出勤前に本屋に。
これまた丁重に「あのぅ・・・」とお願いしたら、
「返金は難しいですけれど、交換でしたら。」あっさり。
同じ作者の本でまったく同額のものがあったのでそれに交換。
ありがとうございました!

以後気をつけます!・・・ってもう2度目。
2度あることは3度ある、いえもうそんなことは数え切れないか。
[PR]
by staten | 2008-06-06 12:53 | 日記
line

ウィペット スタンとテノンそして紅一点アーシュの日記


by statenH
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー